HOME > ニキビは肌質が原因

脂性肌も乾燥肌もニキビができる原因は同じ

9cfc6cdc5b2b7dd64bea219b7fb6cb8a_s.jpg
ニキビは脂性肌がなるもので、皮脂分泌が少ない乾燥肌はニキビができにくいと思っていませんか。
しかし、脂性肌でも乾燥肌でもニキビはできます。
どちらの肌質も原因は同じです。ニキビができる原因は毛穴のつまりです。
脂性肌は過剰に皮脂が分泌されて、皮脂を排泄しきれずに毛穴に皮脂がたまります。
皮脂がたまり、まだ炎症が起きていない状態が白ニキビです。アクネ菌が繁殖して炎症が起こると、赤ニキビになります。アクネ菌は皮脂が好物です。
では、皮脂分泌が少ない乾燥肌はどうして毛穴がつまるのでしょうか。
乾燥肌は肌のバリア機能が低下しています。バリア機能には紫外線やホコリなどの刺激から守ったり、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割があります。
バリア機能が低下すると、外部の刺激から肌を守るために角質が肥厚します。次第に毛穴が細くなり、わずかな皮脂でもたまりやすくなるのです。
脂性肌も乾燥肌も毛穴のつまりが原因なので、ニキビを改善するためには毛穴のつまりを取り除きます。
洗顔で皮脂を取り除き、たまった角質はピーリングで除去、保湿をして肌のバリア機能の回復を促します。