HOME > ニキビが男性ホルモンが原因

男性ホルモンがニキビを増やす原因

tn9aHufF7rzAB1P1443600653_1443600674.jpg
ニキビとホルモンには密接な関係にあります。中でも男性ホルモンは皮脂分泌を活発にしてニキビの原因になります。
男性ホルモンといっても女性でも分泌されています。女性の場合は卵巣でテストステロンという男性ホルモンの一種が分泌されます。
しかし、その量は男性の10分の1とわずかです。男性の方が男性ホルモンの分泌量が多いので、女性に比べてニキビが重症化しやすい傾向があります。
男性ホルモンには皮脂の分泌を増やしたり、角質を厚くする働きがあります。
角質が厚くなると毛穴がふさがれてしまい、そこに過剰な皮脂分泌が加わると、毛穴がつまってニキビの原因になります。
男性ホルモンの影響を受けやすい部位がヒゲが生える位置、フェイスラインや口元です。
そのため、男性ホルモンが原因のニキビは、フェイスラインや口元にできやすいです。
男性ホルモンを増やす原因がストレスです。
ストレスを感じると、ストレスに対抗するホルモンのコルチゾールが分泌されます。コルチゾールには男性ホルモンの分泌を増やす作用もあるのです。
ニキビを招くのでコルチゾールは悪いイメージがあるかもしれませんが、ストレスに対抗するために必要なホルモンです。ストレスとのかかわり方が大切です。